ぷかぷか映画上映会2020@東久留米に向けて

2020年最初のロゴスフィルム関連作品の上映となります、ロゴスフィルムで制作協力させていただきました、ぷかぷか第5期演劇ワークショップ記録映画の作品を含む2作品の横浜市にありますNPO法人ぷかぷかの映画上映会を2月11日(火・祝)に企画しました。

 

 

それにあたり、開催趣旨と言いますか、今回の映画上映会に向けての思い、なぜ今回の映画上映会を企画したのかなどをここに記したいと思います。

 

 

ぷかぷか映画上映会2020@東久留米に向けて

 

今回は横浜市にあります、障害のある方が働いているパン屋さん、お惣菜屋さん、アート工房、お食事処などのお店を運営しているNPO法人ぷかぷかさんの記録映画の上映会を企画しました。

 

下記チラシの開催趣旨の一部抜粋です。

「障害のある人たちと一緒に生きていくことで社会が豊かになる」という、NPO法人ぷかぷかの理念に感銘を受け、本上映会を企画しました。

 

私はロゴスフィルムの映画活動の中で全国各地いろいろな障害福祉事業所を知ることになりますが、ぷかぷかさんの活動は私の今までしてきた映画活動が間違ってなかったと思わせてくれるものでした。

下記にぷかぷかさんの活動でこれはすごいと思う点をまとめてみました。

 

 

“信に力を入れている、自分たちの事業所の外に目を向けている

ぷかぷかのホームページやフェイスブックページから日々活動の様子を障害のある方の顔出しで発信しています。通常こうして顔出しで発信している障害福祉事業所はどれほどあるでしょうか?

またお店以外にもいろいろなワークショップを企画して地域の人たちとの関わりを作っています。

そして活動の様子の記録映画を継続的に製作しています。これほど発信に力を入れているところはなかなかないと思います。

これほど発信に力を入れている理由を今度の映画上映会のアフタートークでぷかぷか理事長の高崎さんにお聞きしてみたいと思います。

 

一つ一つ商品のクオリティの高さ

パン屋さん、お惣菜屋さん、アート工房、お食事処などすべてのお店の商品のクオリティの高さです。福祉のお店という感じではなく、一般のお店という意識を私は感じます。たぶん障害のある方の居場所という視点は当然あるかと思いますが、それ以上にお店を頑張るという意識なのではないかと私は感じます。

このクオリティの高さにも理由があると思いますのでアフタートークの時に高崎さんに聞いてみたいと思います。

 

アート表現を基盤にした活動

いわゆる知的障害のある方の事業所によくある単純作業系の仕事はあるにはあるのですがそれもぷかぷかの発信のための仕事が多く、あくまでメインはパン屋さんなどのお店といろいろなワークショップなど外への発信なような気がしています。

これはいわゆる知的障害のある方は単純作業でお金を稼ぐというよくある考えではなく、ぷかぷかを利用している障害のある方(ぷかぷかさんとみんな呼んでいます)の温もりと言いますか、体温を感じる、まさにアート表現をお店やすべての活動の根本に私は感じるのです。これに関してもアフタートークで高崎さんに聞いてみたいです。

 

 

ほかにもいろいろとあるのですが、以上はすべて私の感じていることですので、実際はまずは今回の映画上映会にご参加いただき体感してみてください。

以上のことを私としても特に知的障害のある方の仕事において、以前映画「はたらく」制作を通して考え体感させていただいた者として、映画「はたらく」を通して私がこうあったらいいなということをまさにぷかぷかさんは体現していると思いました。

 

NPO法人ぷかぷか HP http://www.pukapuka.or.jp/

 

映画「はたらく」HP http://logosfilm.jp/free/hataraku

 

 

最後に今回、ぷかぷか映画上映会を企画した理由を書かせていただきます。

私は先ほど少し触れさせていただきました、映画「はたらく」制作時そして今も、障害のある方の仕事の幅が少しでも広がること、いろいろな働き方の模索が必要なのではないかと思っています。それは障害のあるなし関係なく必要かと思っています。これからの時代、一人一人の個性を生かした仕事が必要になってくると思っています。そして障害のある人の彼らにしかできない個性を生かした仕事を生み出していくことはきっと社会の希望になるのではないかと思っています。

それでお金をたくさん稼ぐことができたら一番いいのですが、それ以上に日々生きている実感、生きがいを感じて生きていくことが大切になってくるのではないでしょうか?

 

東久留米周辺の地で今日ここまで書かせていただきました思いに共感していただける人たちと出会いたい、そして何より「障害のある人たちと一緒に生きていくことで社会が豊かになる」という概念を広めたいという思いで今回の映画上映会を企画しました。

 

ぜひとも東久留米周辺地域の皆様、2/11(火・祝)はぷかぷか映画上映会にご参加しませんか?

 

ぷかぷか東久留米上映委員会事務局

ロゴスフィルム代表 齋藤一男

 

 

 

VIP八王子にてお話しさせていただきます。

4月15日(金)にインターナショナルVIPクラブ八王子にてお話しさせていただきます。

ビジネスマン・専門職の方の交流会でどなたでもご参加可能です。

詳細はインターナショナルVIPクラブ八王子HPまで  http://vip-hachioji.jimdo.com/


 

日程:4月15日(金)7:30pm9:00pm


 

講師:齋藤 一男 氏 ロゴスフィルム代表 映画監督


 

テーマ: 「映画を通して、弱さの中にある「希望」を表現する」


 


 

今月の講師齋藤一男氏からの「ひとこと」です。


 

人それぞれ映画に対してのイメージは違うと思いますが、私にとっての映画とは「希望」「体験」「記録」です。


 

2時間前後の映画作品の中で登場人物や世界観を通して、一つの人生を疑似体験でき、その「体験」は私たちの自覚のない所で日々の生活に反映されると思っています。ならば私自身は、「希望」を感じる映画「体験」をしたいと願っています。


 

そしてそのためにクリスチャンの映画監督である私ができることとして、キリストの価値観を今生きる者として、日々感じていること、私が与えられている課題を「記録」しております。


 

私の今までの人生をお話しさせていただきながら、私たち人間には分からない神様の奥深く広い計画を皆様と共有させていただけたらと思っております。


 

 

 

スタッフ一同、みなさまのお越しを心からお待ちしております。


 


 

場所:東急スクエア 八王子学園都市センター(JR八王子駅北口前)

12F 第4セミナー室

 


 

 プログラム

 

メッセージ・フェローシップ 730pm900pm

 

※ 予約は不要です。
 

 

※ 参加費無料ですが、自由カンパがあります。


 

ホームページ : http://vip-hachioji.jimdo.com/

 

 

VIPについて http://vip-club.tv/201504-201603/whatisvip.htm

 

 

 

たらんとフェスティバル

大変急なご報告ですが、明日8月1日(土)に「たらんとフェスティバル」というイベントで、ロゴスフィルム関連商品の販売、チラシ、映像展示をいたします。

 

何と明日だけ、特別にロゴスフィルムの過去の作品「光と闇」と「いのちの水」の個人鑑賞用DVDを販売いたします。明日だけの特別販売になります。普段は購入することができません。まさに今回のイベント「たらんとフェスティバル」のテーマでもある「掘り出し物」であります。それ以外にも明日だけの限定商品の販売や現在販売中の商品の販売、ロゴスフィルムの各種チラシやここだけでしか見ることができない映像、特に監督特別編集版「かがみ」の映像を流すなどいろいろと予定しています。

 

場所は東中野キングスガーデンです。

 

ご興味のおありの方はぜひ!

 

詳細は下記リンク先をご覧ください。

 

 

たらんとフェスティバルフェイスブックページ https://www.facebook.com/events/1490344591255802/

聖書と精神医療研究会シンポジウム

5月19日火曜日18時30分より久遠キリスト教会にて、聖書と精神医療研究会が毎年開催しているシンポジウムにメインスピーカーとして参加させていただきます。

 

詳細は下記リンクをご参照ください。

 

シンポジウムはどなたでもご参加可能との事です。ご興味をおありの方はぜひお越しください。

 

当日、映画かがみ予告編と作品紹介動画の上映と映画かがみのポイントとなるシーンの上映をした後に監督である私の解説を通して、今回のシンポジウムのテーマであります「不寛容な時代のストレスマネジメント」を考えていきたいと思っています。

 

私は映画を通して、自分の伝えたいことを伝えている人間なので私らしく、私が映画を通して神様から教えていただいていることをお話しできたらと思っています。

 

聖書と精神医療研究会HP  http://聖書と精神医療.com/policy.html

 

シンポジウムチラシPDF  http://聖書と精神医療.com/2015kagami.pdf 

 

聖書と精神障害医療研究会シンポ.jpeg

第27回キリスト教記者クラブオフ会

キリスト教記者クラブ第27回オフ会にゲストスピーカーとして招待されました。

キリスト教メディアに携わる記者・編集者の方、テーマに関心のある方などどなたでも参加可能との事です。

ご興味のおありの方はお気軽にご参加ください。

途中参加、退出可能との事です。

映画とキリスト教福祉という一見交わらないような両者ですが、そこにイエス様の希望があるということをお話ししたく思います。

 

日時:7月1日(火)18時30分〜20時30分  場所:富士見町教会  http://www.fujimicho-kyokai.org/access/index.html

テーマ:映画とキリスト教福祉の関係  詳細はブログをご覧ください。  http://blogs.yahoo.co.jp/cjc_skj/31858169.html

1