映画「はたらく」過去の感想 その2

 

 

最近いただいた映画「はたらく」の感想です。

 

○翔平が最後に仕事が楽しいと感じてそう笑って発言できたことが印象的だ。楽しいと感じられるまでには周りのサポートもあり、どのように進めていけば翔平がスムーズに行えるのか、覚えることが出来るのかなど色々な場面で工夫したり、やり方を考えて伝わりやすい方法などを実践していったのも楽しさを感じる大きな要因ではないかと思う。

誰しもが働くうえで上手くいかない事やわからないがあっても周囲の環境や一緒に働いている人とのつながりがあってこその働く楽しさや大変さを感じると思う。障害を持っていても仕事が難しくても働く事の楽しさや、意味などは仕事内容に関係なく感じたりすることが出来るのでそういった楽しみを感じながら障害を持っている人でも働くことに取り組めるようになっていけたらと感じた。

 

○映画は翔平さんと一緒に映画製作をしていく過程の様子と映像と実際に完成した映画の2本立てのものでした。翔平さん自身知的障害を持つ自閉症の方で、正直どういう俳優ということがやれるのだろうかという思いがあった。映画の中で、何度も”はたらく”とはと投げかけられた。自分たちにとって”はたらく”とは、お金を稼ぎ、豊かにくらすことでもある。その中で、障害を持っている人が、”はたらく”ということが、本人にとって何につながるのだろうか?私たちにとって当たり前に思っていることが、どのような意味を成すのかなどとても考えることが多かった映画であった。この映画の中で印象的な言葉が、”仕事は一緒にする仲間が大事  それにはそばにいる人が導くこと”  誰しも、完璧な人間はいない。人に支えてもらいながら生活をしている。障害を持つ方も、周りの人に助けられながら、与えられた役割がこなせられると、仕事につながり、その人の生きがいにつながるのではないかを感じた。

 

○障害をもった方は「働く」ことをどのように捉えているのだろう。初めは言われた通りに言われたことを淡々と決められた時間にやる。意味の理解は難しいかもしれない。それが「自分は役に立っている」「できるようになった」「褒めてもらえた」「お金がもらえる」と働く意味や喜びを知ることができたなら本人はきっと幸せだ。それは親や周りの人が時間をかけて導いていく必要がある。様々な体験の中で「ありがとう」と言われ人の役に立つ喜びを覚えたり、買い物をすることでお金を持つ意味を学べるようにしたり将来自立することをイメージし、働くために本人に必要な力は何かを考えることが必要。親御さんに少しでも寄り添うことができる支援者になりたい。

 

○齋藤監督の想いとして、映画「はたらく」は考えるきっかけのご提供に過ぎず、「仕事とは、働くとは、幸せとは、豊かさとは、福祉とは、何か。」皆で分かち合い、考えていけたら、またその積み重ねが、より良い社会の第一歩であると信じている、とリーフレットに書かれているが、まさにいろんな意味でとにかく考えさせられる作品だった。齋藤監督が翔平さんを主人公にしたいと思った主な理由は「彼の存在感」、何より「彼の人格としての深さ」とある。それには、齋藤監督が福祉作業所で働いていた過去があり、翔平さんに興味を持ち、知ろうとした、そもそもの出会いもある。そのマイノリティであるハンディキャップを持った人たち出会い自体が、一般の人たち(いわゆる健常者と呼ばれるような人たち、マジョリティ)にとって少なすぎる現実がまずある。ノーマライゼーションやインクルージョンといった認識も、専門家や当事者や家族、福祉に関わる人にはすぐにわかる概念でも、マジョリティである一般の人にどれほど理解されているだろうか。反対に、ハンディキャップを持った方たちがどれほど社会参加できているだろうか。また、他のハンディキャップを持った人でなく、翔平さんを齋藤監督が見出したことも興味深い。齋藤監督は、自閉症という言葉だけで説明できるほど一人の人間を知ることは簡単ではないが、それはどの人も同じだと思うと述べられている。とても心に響く言葉である。そこには偏見や先入観ではなく、人として翔平さん自身への関心が感じられる。監督が翔平さんに関心を持たれた要因の一つとして私が思うのは、翔平さんにはやれるやれないに関わらず、まずやってみようという気持ちがあるように感じた。「ハイ」とか「う(ん)」などYESで答えられるのが多かった。物事を肯定的に捉えられる能力は、自己肯定感にも繋がるだろうし、ペアやチームとして何かをする時にも大切だろう。それが、翔平さんの年齢から、今ほど発達障害が周知されておらず療育も充実していなかっただろう子ども時代を思ったり、どのような子育てをご家族がし、どのように地域生活を送ってきたのだろうかなど、ドキュメンタリーとしての部分の背景をもっと知りたい気持ちになった。翔平さんに指導するシーンに専門家がそこにいたら、口頭や真似だけでなく、視覚支援や動線、感覚的なことなど相互に様々なアドバイスができるように思ったが、逆に一般の方々が翔平さんの特性を一生懸命考えること自体もまた素晴らしい事だとも思う。映画「はたらく」は、本当に色々考えるきっかけを与えてくれたと思う。

 

以上です。

 

過去の感想でまだ公開していないものを今後もこちらでアップできたらと思っています。

 

 

 

 

映画「はたらく」過去の感想 その1

今日は11月8日(木)映画「はたらく」仙台第2弾上映@なのはな会と12月8日(土)映画「はたらく」宮崎上映での感想をいただいていますので、公開OKの分をこちらから一部抜粋して掲載させていただきます。

・はたらくこと「笑顔」の大切さがわかりました。

 

・障がいを持つ人が自ら働きたいと思う環境を周囲が準備できるか大切。重い障がいを持つ人にとっては、お金を稼ぐ手段ではないと思う。

 

・働く、生きるとは答えのでない毎日ですが、そばに寄り添う人によって変わる人生。もっと考えて生活していきたいです。

 

・しょう平さんの人柄がステキだった。

 

・しょう平さんの自然体がとても感動しました。監督の温かいまなざし、共演者の温かさに感動。今後も頑張ってほしいと思います。

 

・とても感動的な温かい、意味深い映画でした。翔平さんの「はい」という返事と食べ方のきれいさ、チラシの折り方の上手さなどなどです。そばにいる方の大切さに特に感動しました。

 

・おもしろい見方でとっていると思った。居るだけでそこに存在してるだけでいいんだと思った。

 

・しょうへいさんが明るい方で、コミュニケーションも自然にとれていて楽しく見ることができました。

 

・障がいのある人が働く、とても重い映画化と思いましたがほのぼの。生きているだけで良しなんだなーと思いました。完成後のうれしそうな顔が忘れられません

 

・題名に反してとてもおもしろく深い味わいでした。監督と役者の人、印象深かったです。

 

・主人公が大変そうだったが、ギャラももらっているので良かったのでは?周りの人が配慮すれば色々できることもありそうだ・・・。

 

・障がいのあるなしにかかわらず、はたらくことで社会参加することが大切だというテーマはすばらしかったです。

 

・翔平さんの変わっていく姿に感動した。監督さんも1から取り組んでくださりありがとうございます。

 

・齋藤さんの思い、やさしさ、奥様や先生方の思いが心を温かくしてくれました。

 

・福祉の中で働くという事を考えさせられました。生きがいとして働くことは大切だと思うが、本人らしく(翔平さんのように)自分らしく、支えてもらう人がいれば、働けるという事が出来るんだと思いました。

 

・翔平さんを起用したことは良かったと思います。笑顔がはじめはなかったがだんだん自然な笑顔みられてよかった。

 

・映画が出来るまでの過程を踏まえて映画を観ると、利用者さんがすごす日常が深く伝わりました。

 

・仕事ってなんだろうと思った。

 

・意識が変わっていく姿、言葉が見れて凄いなを思いました。ありがとうございました。

続きを読む >>

映画「はたらく」コメント文 第7弾

映画「はたらく」コメント文 第7弾です。
寄稿していただいた方は、私立聖坂養護学校(横浜市)の前校長で、現在は長野県で農業に従事している、松井務さんです。ぜひご覧ください。

映画「はたらく」を鑑賞して

私は、私立の特別支援学校の教師を永年続けてきました。養護学校義務化前から教職にあったため保護者と共に本人を支援して来ました。

養護学校義務化(1979年)を前にして自閉症児が一変に6人も入学して来た年がありました。それまでの教育方法では対応できず、大変な苦労をした事を思い出します。

あれから、40年近く経ち、発達障碍や自閉症時の増加が特別支援教育の課題となっています。個性的で個別の丁寧な指導が必要な彼等には集団指導は馴染みません。

教師の確保が課題となりました。

さて、映画「はたらく」の主人公は学校を卒業し社会に出た方が俳優になると云うユニークな作品です。監督の齋藤さんは、以前からハンディのある方々を支援しており集団に適応出来ないで、何時も外で車を見ている彼を見て疑問を抱いた様です。

「俳優にならないか?」との問いかけに対して「はい」と本人が応じた事から映画が始まります。自閉傾向のある彼が、応じたのも不思議ですがそこから始まる俳優を目指した二人三脚が面白い。互いに別の世界に住んでいてコミュニケーションも取れない様な状態から一緒に作品を作る「俳優」に変身できるのか?

専門家の目から見ても無謀な航海に乗り出したと映る挑戦です。本人達に見てもらいたいと思います。間違いなく共感の輪が広がります。 また、支援者の方にも見てもらいたいと思います。彼等への理解が広がると思います。 勿論、隣人として歩む私達にも多くの示唆を与えてくれます。 世の中、色んな人がいますが「みんな違って、みんな良い」と言う金子みすゞの言葉が浮かんで来るそんな作品です。

松井 務 私立聖坂養護学校(横浜市)前校長、現在は長野県で農業に従事している。

映画「はたらく」コメント文 第6弾

皆様、ブログは久しぶりの更新です。
今日は、映画「はたらく」のコメント文第6弾を掲載させていただきます。
今回は宮城県にあります、一般社団法人ふくのねの代表理事であります、本木仁様のコメントです。

『はたらく』を鑑賞して

 

 人がこの世に生を受け大人になれば皆仕事を通じてこの世の役割をもち、誰かの役にたちたいと考えることが人間生活の営みであろうと考えます。それは障がいの有無に拘らず

それぞれの能力や個性に応じた働きがあっていいのではないでしょうか。

 

 この度の上映作品の「はたらく」では自閉症のあるしょうへいさんが監督からの要請をうけこの作品の主演を引き受け、難しい練習に取組んでいきますが思ったようにうまくいかず、果たして作品が完成するのだろうかと思っているところへ一緒に練習する俳優仲間が支援に加わり練習が本格的になっていきます。この加わる仲間こそが一般的に障がい者をとりまく環境でいえば地域の方々の支援になるのではと私なりに考えました。

 

 弱い、小さな人々でも生きがいを持ち、毎日の生活のリズム、ハリをつくるのは「はたらき」を通じてしか得られません、何もしなくてもいい毎日は、数日は良いかもしれませんがこれが長く続けば心身ともに健康状態も保たれないのではないでしょうか。

 

 しょうへいさんの映画の表情やしぐさが映画前半と後半では明らかに働くことを通じて喜びに満ちたものとなっていることに注目したいと思います。

 

 

本木 仁

映画「はたらく」コメント文第5弾

映画「はたらく」コメント文第5弾です。

 

横浜市仲町台にありますコミュニティカフェ「いのちの木」岩永敏朗氏 からコメントをいただきいております。「いのちの木」は映画「はたらく」全国上映プロジェクトの協力団体でもあります。

 

いのちの木フェイスブックページ    https://ja-jp.facebook.com/tack.treeoflife/

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

いのちの木 岩永敏朗氏 映画「はたらく」コメント文

 

 

 「弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。」 弱さや障がいに向き合う時に、私たちの心は裸にされるように思います。文化や死生観、親からの教えに影響されています。心の中に優劣をつける自分を見出し、その時々に心は変化を定まらない自分と出会います。

 

 小学生の時代に、翔平さんのような友達がいました。自動車を見ながらハンカチを振る姿を交差点で毎日のように見ました。映画の中にも、主演の翔平さんの日常のカットが挿入されていますが、監督の葛藤のシーンとこの翔平さんの日常のシーンが、心に訴えかけてくるのです。 社会を身体全体として考えるならば、目が手に向かって「必要としない」とは言えないし、頭が足に向かって「必要をしない」とは言えない。まして、隠れた弱い器官がなければ、身体を形成することはできずに、前進をすることもできなくなります。 障がい特性を知り、支援できる事は何かと考えることが先に立つ自分がいますが、自分自身の心に向き合い、心新たに目の前のひとりの人格と向き合うことの必要を感じさせてくれる映画だと思います。