文部科学省主催 「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」 ダイジェスト映像

文科省様より依頼され、ロゴスフィルムで制作した作品が公開されました。
12分程の作品です。

障害のある方の学校を卒業したあとの学びについて考えている映像です。
この中には、弱さに向き合うことから生まれることがあるというメッセージがあるのですが、これはロゴスフィルムのテーマであります「弱さにある希望」を体現しているような感じです。

もしよろしければ、ご覧ください。

 

文部科学省主催「共に学び、生きる共生社会コンファレンスin関東甲信越ブロック〜障害理解の促進、障害者の学びの場の担い手の育成、生涯にわたる学びの場の拡充に向けて〜」ダイジェスト映像
https://youtu.be/tJpNYL3DLQw

 

下記の文科省HPにもダイジェスト映像が掲載されています。
令和元年度「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」の開催について
https://www.mext.go.jp/a_me…/ikusei/gakusyushien/1421842.htm

 

 

 

 

 

 

ロゴスフィルムニュースレターvol.12

ロゴスフィルム ニュースレター Vol.12 20204月号

 

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今回12回目のロゴスフィルムニュースレターとなります。

 

 

 

1)近況報告 「新規事業について」

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

現在は新型コロナウイルスのことで皆様、大変な日々をお過ごしのことと思います。

ロゴスフィルムとしては、20204月にロゴスフィルムとして活動開始から16年となり、これから具体的に新規事業を開始していこうとした矢先の出来事でどうしたら良いかと思っています。そして皆様も形はさまざまかと思いますが、私たちと同じように辛い日々かと思います。

この状況は人間の力ではどうすることもできないのでロゴスフィルムとしましては、ロゴスフィルムのテーマであります「弱さにある希望」の言葉のように、こういう時こそ落ち着いて、日々生かされていることの感謝を思い、今できることを日々着実に行っていきたいと思います。そして新型コロナウイルスのことなどの今の社会情勢から、社会全体の価値観が変化していく必要性を私としては強く感じていまして、ロゴスフィルム新規事業はそのような時代に社会から必要とされる媒体となると確信しています。

 

それはロゴスフィルムのテーマであります、「弱さにある希望」を多くの方に知っていただくことを目的とした新規事業です。ロゴスフィルムは、私の個人的な映画を通しての表現活動の場所ということで今まで通り継続しつつ、私の個人的な映画表現以外の映画映像制作に紐づいた新事業を行っていきます。

具体的な活動として今思っていることとしては、今まではずっと障害のある方の才能を生かしたいと思いロゴスフィルム作品の映画制作をしてきましたが、それだと作品が完成すると活動は終わってしまうので、これからは障害のある方に映画という媒体を通して継続的に才能を発揮していただける場所作り、そのことを通して、これからの社会の在り方を多くの方と考えていくプラットフォーム作り、さらにそのことを通して一人一人にあった需要と供給の仕組み作りをしていきたいと思っています。

 

既成の枠組みにとらわれず、一人一人にあった生き方、働き方を模索していきます!

 

新型コロナウイルスのことがあり、ますますこの思いが強くなりました。いつ具体的に活動していけるか全く分かりませんが、この思いを胸にこれから日々できることを考えていきます。

 

ロゴスフィルム代表 齋藤一男

 

 

2)最新作、映画「はたらく」上映情報

 

ロゴスフィルムオリジナル作品第4弾、映画「はたらく」は、2018年2月より全国上映をスタートして2周年となりました。ここまでご支援、ご協力いただきました皆様、映画をご覧いただきました皆様、心より感謝申し上げます。現在は主に、インターネットを通してのオンライン上映と他団体様主催による上映の2つの形での上映となっています。

今後とも映画「はたらく」をどうぞよろしくお願いします。

※現在、他団体様主催上映は、新型コロナウイルスの対策としまして、2名様、もしくは一家族でのご自宅鑑賞の場合で、且つオンライン視聴のみ受け付けております。影響が落ちいてきましたら通常での募集を開始いたします。その際はロゴスフィルムHPよりご連絡いたします。

 

【今後の上映予定】※2020年2月時点の情報です。

2020年4月  2周年記念オンライン上映(インターネットを介して全国全世界で視聴できます)

 

「自閉症の翔平さん主演!映画「はたらく」全国上映プロジェクト」vol.26
映画「はたらく」2周年記念オンライン上映
2020年4月11日(土)10時〜26日(日)22時
全国どこからでもインターネット環境のあるパソコン等でご覧いただけます。
今回2周年記念上映版として、最新の翔平さんの姿を映した映像を追加で入れた今回のみの特別版上映となります。今回の上映でしか見ることができない作品となります。

詳細は下記上映情報をご覧ください。

 

2週年記念オンライン上映情報 https://logosfilm.jp/calendar/3114697

 

 

【映画「はたらく」上映を企画してくださる方、募集中!】

全国どこでも映画「はたらく」の上映ができます。上映会だけでなく、少人数での勉強会や研修会でもご利用できます。公開、非公開は問いません。2002年2月より、申込料金を改訂しました。2名様鑑賞2000円よりご利用いただけます。少人数でのご自宅などでの鑑賞会を企画していただきたく、お申し込みしやすい料金体系としました。ぜひお気軽に、ロゴスフィルムまでお問合せください。

※現在、他団体様主催上映は、新型コロナウイルスの対策としまして、2名様、もしくは一家族でのご自宅鑑賞の場合で、且つオンライン視聴のみ受け付けております。影響が落ちいてきましたら通常での募集を開始いたします。その際はロゴスフィルムHPよりご連絡いたします。

 

はたらく上映企画しませんか?

http://logosfilm.jp/free/hataraku_kikaku

 

【ここまでの上映履歴】

2018年2月 神奈川県横浜市、東京都東久留米市  2018年3月 千葉県千葉市

2018年4月 愛知県名古屋市、東京都中野区   2018年5月 山梨県甲府市、茨城県つくば市

2018年6月 兵庫県神戸市、愛知県愛西市、埼玉県さいたま市、石川県金沢市

2018年7月 宮城県仙台市、東京都千代田区  2018年8月 愛媛県今治市

2018年9月 長野県松本市、東京都新宿区  2018年11月 宮城県仙台市、東京都中野区

2018年12月 宮崎県宮崎市  2019年1月 愛知県津島市

2019年2月 東京都豊島区  2019年5月 オンライン上映

2019年6月 兵庫県神戸市  2019年8月  茨城県取手市

2019年10月 第2弾オンライン上映

合計 ここまで全国25か所で上映

 

 

3)ドキュメンタリー映画制作情報

 

現在、2作品のドキュメンタリー映画の制作進行中です。

【いのちの木】

横浜市仲町台にあります、コミュニティカフェ「いのちの木」を中心としたそこに集う方たちの活動の記録を2015年より追っています。障害のあるなしを超えた、一人一人との関わりの中から生まれることを大事に活動している皆様です。最近はあまり撮影に行けていませんが、今後も継続的に長い期間をかけて撮影していく予定です。

 

「いのちの木」の活動の母体である「五つのパン」ホームページ https://www.five-breads.com/

 

【ぷかぷか】

横浜市緑区にあります、障害のある人たちが、本格的なパン、アート工房、お惣菜、お食事処などのお店を運営しているNPO法人「ぷかぷか」の第6期演劇ワークショップの様子の記録映画の現在編集作業中です。2020年7月完成予定です。

 

また他には前作、ロゴスフィルムで制作いたしました第5期演劇ワークショップ記録映画の上映会を2020年2月に東京都東久留米市で行いました。

ぷかぷか映画上映会2020@東久留米上映情報 https://logosfilm.jp/calendar/2944468

 

「ぷかぷか」ホームページ  https://www.pukapuka.or.jp/

 

 

4)その他、主なロゴスフィルム制作作品のお知らせ

 

【共生社会コンファレンス映像制作しました】

2020214日に開催されました文部科学省と一般財団法人福祉教育支援協会主催の「共生社会コンファレンス」のダイジェスト映像の制作を依頼され制作させていただきました。

新型コロナウイルスの影響でいつになるか分かりませんが、今後文部科学省のホームページにて公開される予定です。

共生社会コンファレンス情報

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/1421842.htm

 

【映画「かがみ」情報】 

ロゴスフィルム第3弾作品「かがみ」DVDは現在販売中です。個人鑑賞用DVD1800円、団体ライブラリー鑑賞用DVD7200円(共に税抜)と二種類のDVDがございます。またオンデマンド配信も行っておりますので、インターネットで映画「かがみ」を視聴したい方はぜひご利用ください。

 

※「かがみ」インターネットでのご鑑賞希望の方は下記「かがみ」オンデマンド配信ページまで

「かがみ」オンデマンド配信ページ https://vimeo.com/ondemand/kagami

 

【賀川豊彦作品】

・「21世紀に甦る賀川豊彦・ハル」DVDDVD在庫なし)をインターネット視聴できます。

21世紀に甦る賀川豊彦・ハル」オンデマンド配信ページhttps://vimeo.com/ondemand/kagawa

・「助け合いの心が日本社会を変える!市民社会と賀川豊彦の友愛精神」DVD 1500(税込) の販売中です。  賀川豊彦DVD販売ページ http://logosfilm.jugem.jp/?cid=8

 

【教会と地域福祉フォーラム21

・キリスト新聞社主催「教会と地域福祉フォーラム21」第1回〜4回シンポジウム ノーカット版DVD 1000(税込) 在庫あります。 本作のダイジェスト版DVDはキリスト新聞社季刊誌「Ministry」付録DVDの中でご覧いただけます。

Ministry」フェイスブックページ  https://www.facebook.com/ministry.co.jp/

 

【ロゴス映像工房】

ロゴスフィルムの映像制作事業、ロゴス映像工房にて映像制作を常時承っております。お気軽にお問合せください。   ロゴス映像工房 http://logosfilm.jugem.jp/?cid=5

 

※「かがみ」DVD、「助け合いの心が日本社会を変える!市民社会と賀川豊彦の友愛精神」DVD、「教会と地域福祉フォーラム21DVDをご購入希望の方、そして映像制作ご希望の方は、お気軽に下記ロゴスフィルムお問い合わせフォームまでご連絡ください。  

 ロゴスフィルムお問い合わせフォーム https://logosfilm.jp/contact

 

5)おわりに

 

 私個人的にですが、新型コロナウイルスのこともあり、ここしばらくあまり外回りせず、事務所内でのデスクワーク作業をすることがいつも以上に多く、腰などの背中の調子があまりよくありません。対策として、1時間ほどデスクワークしたら少し休憩することと、できる限り同じ姿勢で作業しないように気を付けています。これからは年も取っていき、若い時と同じようなことはできないと自覚していき、今の年齢に見合った生活をしていきたいと思いますし、さらにいうとこのような負荷をなくそうとするのではなく、良くなったらラッキーくらいに負荷を抱えながら生きていく経験を積み重ねていき、今後の人生を少しでも楽に楽しく生きていきたいと思っています。

 新型コロナウイルスのことで、自宅にいることが多い日々が続いている方が多いかと思いますが、雨のあとの「にじ」のように、希望を感じることのできる日が来ることを願っています。

 

 

以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

ロゴスフィルムに関するお問い合わせは下記アドレスまでご連絡ください。

 

執筆:ロゴスフィルム 代表 齋藤一男       

 

 

次回ニュースレターは2020年9月の予定です。

 

 

詳細はロゴスフィルムホームページまたはフェイスブックページをご覧ください。

ロゴスフィルムホームページ  http://www.logosfilm.jp

ロゴスフィルムフェイスブックページ https://www.facebook.com/logosfilm/

 

お問い合わせ 

ロゴスフィルムお問い合わせフォーム https://logosfilm.jp/contact

 

ぷかぷか人権研修会プロモーションビデオ制作しました

2019年12月に行われました、ぷかぷか人権研修会のプロモーションビデオをロゴスフィルムで制作させていただきました。

ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

ぷかぷか人権研修会プロモーションビデオ

https://youtu.be/1e-jt5T9N_Q

ぷかぷか映画上映会2020@東久留米に向けて

2020年最初のロゴスフィルム関連作品の上映となります、ロゴスフィルムで制作協力させていただきました、ぷかぷか第5期演劇ワークショップ記録映画の作品を含む2作品の横浜市にありますNPO法人ぷかぷかの映画上映会を2月11日(火・祝)に企画しました。

 

 

それにあたり、開催趣旨と言いますか、今回の映画上映会に向けての思い、なぜ今回の映画上映会を企画したのかなどをここに記したいと思います。

 

 

ぷかぷか映画上映会2020@東久留米に向けて

 

今回は横浜市にあります、障害のある方が働いているパン屋さん、お惣菜屋さん、アート工房、お食事処などのお店を運営しているNPO法人ぷかぷかさんの記録映画の上映会を企画しました。

 

下記チラシの開催趣旨の一部抜粋です。

「障害のある人たちと一緒に生きていくことで社会が豊かになる」という、NPO法人ぷかぷかの理念に感銘を受け、本上映会を企画しました。

 

私はロゴスフィルムの映画活動の中で全国各地いろいろな障害福祉事業所を知ることになりますが、ぷかぷかさんの活動は私の今までしてきた映画活動が間違ってなかったと思わせてくれるものでした。

下記にぷかぷかさんの活動でこれはすごいと思う点をまとめてみました。

 

 

“信に力を入れている、自分たちの事業所の外に目を向けている

ぷかぷかのホームページやフェイスブックページから日々活動の様子を障害のある方の顔出しで発信しています。通常こうして顔出しで発信している障害福祉事業所はどれほどあるでしょうか?

またお店以外にもいろいろなワークショップを企画して地域の人たちとの関わりを作っています。

そして活動の様子の記録映画を継続的に製作しています。これほど発信に力を入れているところはなかなかないと思います。

これほど発信に力を入れている理由を今度の映画上映会のアフタートークでぷかぷか理事長の高崎さんにお聞きしてみたいと思います。

 

一つ一つ商品のクオリティの高さ

パン屋さん、お惣菜屋さん、アート工房、お食事処などすべてのお店の商品のクオリティの高さです。福祉のお店という感じではなく、一般のお店という意識を私は感じます。たぶん障害のある方の居場所という視点は当然あるかと思いますが、それ以上にお店を頑張るという意識なのではないかと私は感じます。

このクオリティの高さにも理由があると思いますのでアフタートークの時に高崎さんに聞いてみたいと思います。

 

アート表現を基盤にした活動

いわゆる知的障害のある方の事業所によくある単純作業系の仕事はあるにはあるのですがそれもぷかぷかの発信のための仕事が多く、あくまでメインはパン屋さんなどのお店といろいろなワークショップなど外への発信なような気がしています。

これはいわゆる知的障害のある方は単純作業でお金を稼ぐというよくある考えではなく、ぷかぷかを利用している障害のある方(ぷかぷかさんとみんな呼んでいます)の温もりと言いますか、体温を感じる、まさにアート表現をお店やすべての活動の根本に私は感じるのです。これに関してもアフタートークで高崎さんに聞いてみたいです。

 

 

ほかにもいろいろとあるのですが、以上はすべて私の感じていることですので、実際はまずは今回の映画上映会にご参加いただき体感してみてください。

以上のことを私としても特に知的障害のある方の仕事において、以前映画「はたらく」制作を通して考え体感させていただいた者として、映画「はたらく」を通して私がこうあったらいいなということをまさにぷかぷかさんは体現していると思いました。

 

NPO法人ぷかぷか HP http://www.pukapuka.or.jp/

 

映画「はたらく」HP http://logosfilm.jp/free/hataraku

 

 

最後に今回、ぷかぷか映画上映会を企画した理由を書かせていただきます。

私は先ほど少し触れさせていただきました、映画「はたらく」制作時そして今も、障害のある方の仕事の幅が少しでも広がること、いろいろな働き方の模索が必要なのではないかと思っています。それは障害のあるなし関係なく必要かと思っています。これからの時代、一人一人の個性を生かした仕事が必要になってくると思っています。そして障害のある人の彼らにしかできない個性を生かした仕事を生み出していくことはきっと社会の希望になるのではないかと思っています。

それでお金をたくさん稼ぐことができたら一番いいのですが、それ以上に日々生きている実感、生きがいを感じて生きていくことが大切になってくるのではないでしょうか?

 

東久留米周辺の地で今日ここまで書かせていただきました思いに共感していただける人たちと出会いたい、そして何より「障害のある人たちと一緒に生きていくことで社会が豊かになる」という概念を広めたいという思いで今回の映画上映会を企画しました。

 

ぜひとも東久留米周辺地域の皆様、2/11(火・祝)はぷかぷか映画上映会にご参加しませんか?

 

ぷかぷか東久留米上映委員会事務局

ロゴスフィルム代表 齋藤一男

 

 

 

2020年に向けて

新年おめでとうございます。

 

今日から仕事始めの方が多いと思いますが、皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私は、年末にインフルエンザにかかってしまい、休みの半分は布団の上に横になっていました。

それ以外の日もゆっくり過ごしていました。こんなに休んだ年末年始は初めてかもしれません。

やることがたくさんあり、休んでいられない状況ではあるのですが、こうして強制的に休むことができてこれはこれで良い年末年始だったと思います。

 

今年は、新たな働きに向け、さらに邁進していきたい気持ちではありますが、やることの多さに気が滅入ってしまい、なかなか思うように進んでいません。

ただ一つ一つ、少しづつかもしれませんが、進んでいきます。

 

そして近い将来に、皆様に無事新たな働きのご報告ができることを期待しています。

ただご報告ができなかったらその時はごめんなさい。できる最善を頑張ります。

 

今年もぜひ応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

ロゴスフィルム代表 齋藤一男

2020/01/06